規約

HOME | 規約

青山学院大学
スポーツ健康イノベーション
コンソーシアム規約

(名称)

第1条
本組織は青山学院大学スポーツ健康イノベーションコンソーシアムと称する。

(目的)

第2条
スポーツは、心身の健康の保持増進にも重要な役割を果たすものであり、健康で活力に満ちた長寿社会の実現に不可欠なものである。本コンソーシアムは、産業界、自治体等と、青山学院大学との連携体制を構築し、科学技術の発展と、社会・生活・文化の変化に即したスポーツと健康に関わる新たな方法を開発し、それを事業化し普及させることにより、人々の健康に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条
コンソーシアムおよびその会員は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
スポーツと健康に関わる新たな方法の研究・開発
スポーツと健康に関わるイベントの開催
スポーツと健康に関わる人材の育成
青山学院大学および会員間の連携活動
その他コンソーシアムの目的を達成するために必要な活動

(会員)

第4条
コンソーシアムの会員は、第2条に規定する目的に賛同し、入会の承認を受けた企業・団体等とする。

(会員の入退会)

第5条
コンソーシアムに入会を希望する者は、所定の様式により入会申込書を事務局に提出し、コンソーシアムの承認を得るものとする。
2.
会員が退会を希望する場合は、所定の様式により退会申込書を事務局に提出するものとする。

(会費)

第6条
コンソーシアムの会費は無料とする。ただし、会員がコンソーシアムの事業への参加にあたって生じる経費については、個別に定めるものとする

(役員)

第7条
コンソーシアムに役員として会長を置く。
2.
会長は青山学院大学の長とする。
3.
会長は、コンソーシアムを代表し、会務を総括する。

(組織)

第8条
コンソーシアムには総会および事務局を置く。
2.
総会は、事業内容についての報告や審議を目的とし必要に応じて随時開催する。
3.
総会は、必要に応じて、電子メールによる開催とすることができる。
4.
総会は、総会員の2分の1以上の出席をもって成立する。
5.
総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決するものとする。
6.
事務局は、青山学院大学 学生生活部 スポーツ支援課内に置く。
7.
本コンソーシアムの事業を円滑に行うため、特定の事項を検討するワーキンググループを置くことができる。

(情報の取り扱い)

第9条
本事業に関連して、コンソーシアム会員間において開示されるすべての情報は、その取扱いについて別の合意がされたものを除き、秘密として取扱う義務を負わないものとする。
2.
前項にかかわらず、開示される情報が秘密情報として取り扱われるべき場合は、情報開示者は、その旨及び秘密保持義務の内容を情報受領者に伝えたうえ、情報受領者の書面による同意を得た場合に限り情報を開示するものとし、情報受領者は同意した秘密保持義務を遵守するものとする。

(事業成果の知財権所属と利用)

第10条
コンソーシアムの事業成果の取扱いについては、以下のとおりとする。
総会で事業成果であると認定された事業に関して、知的財産権等の権利が発生する場合、その事業成果に関与した組織、企業等に知的財産権等の権利が帰属するものとし、具体的な権利の帰属に関しては、事業成果に関与した組織、企業等において協議し決定するものとする。
認定された事業成果の会員による利用についての条件については別途定めることとする。

(附則)

この規約は令和3年3月1日から施行する。

お問い合わせ先

学生生活部スポーツ支援課:
sports-aoyama@aoyamagakuin.jp

青山学院大学
スポーツ健康イノベーションプロジェクト:
https://aospoino.aguscp.jp/